田舎も都会もよくばりに。「神戸・里山暮らし」体験

美しい山や海に恵まれている、神戸。兵庫県下トップクラスの農漁業地域として多彩な農水産物が生産され、関西圏をはじめとする近隣の地域でも親しまれている「食」の源泉となっています。

「ファーマーズ・マーケット」をはじめとする直売のネットワークも豊富で、消費者との距離が近く「作り手が見える」ことも、大きな魅力です。

また、神戸ならではの都心部と農村地域が近い立地は、利便性と田舎の心地よさを兼ね備えた暮らしを可能にします。自然と向き合う穏やかな毎日を実現しながら、都心部で仕事をしたり休日を過ごすなど、神戸ならではのライフスタイルが可能です。

この体験プログラムでは、昔ながらの古民家に滞在しながら、野菜等の収穫を体験し、地域の方と一緒に夕食を作り交流を深めるとともに、都心部のマーケットやハーバーエリアを散策するなど、神戸ならではの里山暮らしを体感いただきました。

体験プログラム実施概要

日付
  1. 2017年11月23日(木)~25日(土)
対象者
就農や農村地域暮らしを希望する方

体験プログラム行程

1日目

13:00
新神戸駅集合
13:40
北神戸田園スポーツ公園にて地域イベント「おもちゃ箱フェスタ」を見学
15:20
淡河町の石峯寺を散策
16:45
『淡河コミュニティプラザ』で地域の方々と夕食を兼ねた交流会
19:30
地元の温泉『銀河の湯』にて入浴
21:00
淡河町にある歴史的建物 『淡河宿本陣跡』にて宿泊

2日目

9:30
『淡河宿本陣跡』にて稲わらを使った縄作り体験等
10:30
『淡河宿本陣跡』近隣の畑にて季節野菜の収穫体験
11:30
道の駅『淡河』で昼食
13:00
引き続き近隣の畑にてそばの刈取り及び天日干し等の農作体験
16:30
『淡河宿本陣跡』にて収穫した野菜を使い地域の方々と一緒に夕食作り(鍋など)と夕食を兼ねた交流会
19:30
地元の温泉『よかたん温泉』にて入浴
21:00
『淡河宿本陣跡』にて宿泊

3日目

9:00
『淡河宿本陣跡』出発
9:45
神戸の都心・三宮に位置する公園(東遊園地)で開催されるファーマーズマーケットを散策
11:00
メリケンパークやハーバーランドを散策(途中、昼食)
15:00
感想アンケートご記入後、解散

当日の様子

「淡河コミュニティプラザ」で地域の方と交流。淡河の食材を使った料理は絶品でした

本プログラムの滞在場所は歴史的建物「淡河宿本陣跡」

2日目は朝からしめ縄体験や農作物の収穫体験も実施しました

収穫した野菜を使った温かい鍋を囲みながらの夕食会は、夜遅くまで盛り上がりました

最終日には三宮で開催されるファーマーズマーケットを散策し、都心と農村の近さを改めて体感いただきました


参加者の感想(一部)

主催者より

神戸の農村地域・淡河町に滞在いただきながら、里山の暮らしを肌で感じていただきました。参加いただいたみなさんが口をそろえておっしゃっていたのが、淡河の地元の皆さんの温かさでした。都会の便利さも失わず、地域や周りの人とのつながりを大事にしながら暮らすスタイルを体感いただくことができたと思います。参加いただいた方、ご協力いただきました淡河のみなさま、本当にありがとうございました!!!

本プログラム主催

神戸市経済観光局経済部経済政策課都市プロモーション担当

TEL: 078-322-5367

E-mail:citypromotion@office.city.kobe.lg.jp